Biedronka Profile
Raizo.Wのソロプロジェクト。
Biedronka(ビエドロンカ)は、ポーランド語でてんとう虫の意。
無類の星好き。

・Biedronkaの音楽
リスナーの想像力にゆだねる独特な詩世界には、
必ずといって良いほど「光と影」がスパイスとして存在する。
その相反する明と暗の矛盾は、人間誰しもが持つものであり、
だからこそ、閉じた心の核(コア)を揺さぶってくれる。
独特なのは、音創りにおいても同じであり、
Biedronkaの楽曲には常に「プロローグ」なるものが存在する。
音楽的な意味でのイントロ前に現れる「プロローグ」は
本を開く瞬間・・・または、幕が上がる瞬間・・・のように高揚感を煽る。
つまり、心の扉を開くためのプロローグであり、
十人十色の生(せい)に応じた物語が始まりを告げる瞬間でもある。
いざ物語の中へと誘われてしまうなら、
例えば楽曲が5拍子と3拍子の奇怪な組み合わせであることなど、
どうでも良く思えてしまうほどBiedronka Worldに入ってしまうのである。
どこかにいるようでいない存在・・・
キャッチーでありながらプログレッシブな音・・・。
全ては、彼が「絵先(えせん)」で曲創りをすることにも、関係があるのではないだろうか。
Biedronka
Biedronka History
2012
11.18(sun)  Biedronka meets ASTRO HALL
11.07(wed)  1st Single 「Astronauts」